最新研究レポート エイジングケアの新発見 「糖化」と「発酵」の関係とは
進化とエイジングケアの深いつながり 老化を促進する要因のひとつとして注目されている「糖化」。糖化とは食事などから摂った余分な糖がたんぱく質と結びついて、糖化物(AGE)を作り、その糖化物が肌や髪の老化を促進させるのです。
糖化が低い肌 52歳  糖化度137 糖化が高い肌 52歳 糖化度249 同じ年代でも糖化物が溜まっていると、 エイジング肌に見えてしまいます。〈ファンケル総合研究所調べ〉
糖化物によるダメージから肌を守る方法とは?年齢とともに糖化物が溜まることは避けられません。糖化により肌の機能が正常に働かなくなると、肌にダメージが溜まります。さらに実は糖化物が肌の「糖化スイッチ」を押すことで、シミ・シワ・くすみなどの年齢サインがあらわれるようになります。つまり、「糖化スイッチ」が押されなければ、より肌ダメージから守ることができるのです。
“麹の力”が“肌を守る力”を高めることを発見! 糖化スイッチを守る「美肌酵素」
私たちの肌にあるたんぱく質「美肌酵素」は、糖化スイッチが押されることを防ぎ、肌をダメージから守っています。実は、ファンケルの肌研究とキリンが長年培ってきた発酵技術によって、「白麹には肌の美肌酵素を増やし、美肌に導く働きがある」ことがわかりました。発酵させた成分に新たな働きがあらわれることがありますが、白麹にも発酵により新たな作用が見出されました。発酵と麹の力を利用した、確かなエイジングケアへの期待が高まっています。
白麹による美肌効果 黄ぐすみが 減少 〈ファンケル総合研究所調べ〉